佐藤和也オフィシャルサイト

輸入ビジネス


中国から輸入した商品の申告額が実際の仕入額より安かった場合どうすればいいですか?

Posted on 4月 23rd, by Kazuya Sato in Amazon輸入. No Comments

Amazon輸入ビジネス入門著者の佐藤和也です!

「中国から輸入した商品の申告額が
実際の仕入額より安かった場合どうすればいいですか?」

という質問をいただいたので、
それに関する回答をしていきたいと思います。

以前も書いたような気がしますが
改めて確認していきましょう。

長いですが重要なことなので
輸入ビジネスをされている方は
必ず目を通してください。

実際に購入した価格より安く申告して輸入する
この行為を「アンダーバリュー」と言います。
アンダーバリューは脱税であり刑事罰の対象となります。

アンダーバリュー(英:Under Value)とは、貿易における不正取引の一つ。
関税の支払いを安く抑えるために、輸入通関時におけるインボイスの単価・金額等を実際の取引上の金額よりも安く表示させ、 後日実際の取引上の金額にて送金すること。一種の脱税であるため、刑事罰の対象となる。

引用元:Wkipedia アンダーバリュー

仕入先から10万円で購入したものを輸入する場合、

関税率が10%だったら
100000×0.1で10000円の関税を支払う必要があります。

しかし、税関に出すインボイスには10万円でなくて7万円と記載した場合
70000×0.1で7000円の関税を支払うことになります。

これで支払う関税は3000円安くなり
安くなった分利益は増えます。

3000円も利益が増えたーヤッター!
ではなく、これは「節税」ではなく「脱税」です。

これは欧米輸入でも言えますが
中国輸入は特にアンダーバリューが横行しています。
(欧米輸入も数年前はかなり多かった)

メルマガで堂々とアンダーバリューを
すすめているコンサルタントがいたりしました。。。

このアンダーバリュー、
わかっていて確信犯的にやるのはもちろんNGですが
頼んでもいないのに向こうが勝手に低く申告して
それで税関通ってきたんだからいいだろうというのも通用しません。
中国輸入ではこのパターンが多いですね。

輸出をやっていると
向こうからアンダーバリューを依頼されることも多いです。
正しく申告して、税金が多くとられたとクレームが入ることもあります。
でもこれも脱税加担になるのでハッキリと断ったほうがいいです。
I can’t give you the undervalue for your item.

では、アンダーバリューがバレるとどうなるか、、、
(僕は経験がないので知人から聞いた話しになりますが)

税関から電話がかかってきて
輸入事後調査(関税事後調査、税関事後調査)
というものが入ります。

調査では過去に遡って全部調べられ、
追徴課税されます。

支払っていなかった金額を支払えばいいというのではなく
過少申告加算税、延滞税、重加算税など発生するので
本来、支払うべき時に支払っていればよかった金額よりも
多く支払わなければならないということにもなりかねません。

また、今後通関の際に厳しいチェックが入ることになるはずです。

僕が知っている人のなかでは、
輸入事後調査が入り120万円の追徴課税を請求されたそうです。
そこから交渉して下がったようですがそれでも数十万円。

さらには実際の調査やそのための準備に数日間という時間。

 
後から余計な時間とお金がかかることになります。
また精神的にもかなりキツイと思います。

僕の知り合いではないですが
2億円の追徴課税という話しも聞いたことがあります。
支払い完了まで年率15%の利息付きだそうです。
これは再起不能になるレベルですね、、、

ただ実際は、このアンダーバリューを行なっていても
金額として目立たない場合などは
みんながみんな摘発されるような感じではないため
あまり気にしていない人も多いのが現状です。

バレなければ大丈夫。
たしかにそうかもしれませんが、
取引額が大きい人
長く続けている人
は確実にチェックされていると思います。

後から一気にとられるのは
資金繰り的にも精神的にも
かなりキツイものがあると思います。

では、どうやって対策すればいいかというと、

1.もし金額に誤りが発覚した場合はすぐに修正申告を行う

修正申告の方法についてはこちら
1305 納税申告に誤りがあった場合(修正申告、更正の請求、過少申告加算税)(カスタムスアンサー)

2.インボイスに正しい金額で記入するよう指示を出す

仕入れをしたら一言こう伝えておくといいと思います。
Please fill in the correct amount in the invoice.

以上2点を普段から気をつけておくことをおすすめします。

アンダーバリューはもちろんNGですが、
それ以外にも気をつけなければならない点があります。

・個人輸入(個人での使用目的)
・小口輸入(商業目的)←輸入ビジネスやっているならこっちですね

の違いです。

ややこしいのはこの2つで税率や税金の計算方法が違います。

まとめて転送とかで輸入している場合は
量も金額も大きくなるので
個人輸入と言っても小口輸入の判断がされることが多いですが、

少量ずつ複数回にわけて輸入している場合など
個人輸入という判断をされ、
実際には商業目的なのに個人使用目的ということで
税金が安くなっていたりします。

これも量が増えてくると
後から、個人輸入ではなく小口輸入でしょ
ということになります。

ここまでチェックするのは面倒だったりしますが、
FedEx、DHL、EMSなどの配送業者(通関を代行してくれている)に
「関税の内訳が知りたいのですが…」
と問い合わせれば教えてもらえますので、
心配な方は一度チェックしてみてください。

以上、いろんな考えがあると思いますが、
僕は法律の遵守は絶対と思っています。
参考にされてください。

佐藤和也

最初の10万円20万円、ビジネスの軍資金を稼ぐのにも最適↓↓

—————————-
書籍「Amazon輸入ビジネス入門」
読者限定プレゼントキャンペーン&無料立ち読みキャンペーン開催中
↓↓↓


Amazonでの特定商取引法に基づく表記について

Posted on 4月 13th, by Kazuya Sato in Amazon輸入. No Comments

Amazon輸入ビジネス入門著者の佐藤和也です!

今日のテーマは
「Amazonでの特定商取引法に基づく表記について」

Amazonで販売されている方は
特定商取引法の表記について4月15日までに記載するよう
Amazonから連絡があったかと思います。

(多分、既に記載している出品者にも全員にきているはず)

これについては
対応しないとセラーセントラルへのログインが制限されるとあって
もう対応していない方はいらっしゃらないかと思います。

が、ちょっとNGな対応をされている方もいらっしゃるようなので
改めて確認しておきたいと思います。

Amazonからの案内はこのような内容でした↓

————————————————-

特定商取引法に基づく表記について

販売業者に該当する場合(「営利の意思を持ち、反復・継続的に販売を行う場合」)、
個人であっても、特定商取引法に基づく表記をお願いしております。

小口出品形態で「販売業者」にあたらない場合は、
私は特定商取引法で定める販売事業者に該当しますの項目で
いいえを選択し、保存ボタンをクリックしてください。

「販売業者」に該当する場合は、はいを選択し、
以下の各項目に情報を入力してください。

表示名(特定商取引法に基づく表記:店舗名)

住所
番地およびビル名等も明記してください。
現に活動していない私書箱等の住所のみを表示することも認められません。
出品者様の業務地住所が日本国内である場合は、必ず日本語で明記してください。

運営責任者名(特定商取引法に基づく表記:店舗責任者名)

代表者、または当該表示に責任を有する担当者の氏名
氏名はフルネームで表示してください。

お問い合わせ先電話番号
購入者からのお問い合せを受け付ける電話番号を入力して下さい。
上記の電話番号と同じ番号もご利用いただけます。

購入者への情報表示について
上記に入力した内容に加えて販売業者名 (正式名称)が、
Amazon.co.jp上の出品者プロフィールのページで購入者に表示されます。
該当しない場合は、店舗名のみがウェブサイトに表示されます。

————————————————-

というわけで、
自分の不要品を小口出品でちょこちょこ販売するくらいなら
「販売業者」にあたらないので大丈夫ですが、
大口出品で、仕入れて売るという行為をされている方は
全員が対象になる話しです。

これまで
私書箱の住所を表記していたり、
英語表記していたりした人もいると思いますが、
それもNGになるようです。

というか、これはそもそも特定商取引法違反だと思います。
これまでAmazonの規約がゆるかっただけで
本来は法律的にNGだと認識しています。

「自宅の住所や電話番号を公開するのは抵抗があります」
というのがあると思いますが、
Amazonで商売するなら、架空の住所ではなく
現に活動している拠点の住所を記載しないといけません。

お客様の立場から考えても
きちんとした住所を記載すべきだと思います。

現状、そこまで見ているお客様は少ないので大きく影響しませんが
我々が海外から仕入れる際に住所等をチェックするのと同様
逆の立場で見られている場合もあるということです。

僕はもう3,4年住所を晒していますが
何か問題が起こったことはありません。
営業のDMが届くくらいです。

意図的に人に恨まれるようなことをやっている場合は別ですが
真当に商売しているのであれば、
住所にクレームを言いに来るようなケースはありませんし
何かが送りつけられるというようなこともありません。

どうしても嫌なら、
レンタルオフィス(住所だけではないところ)を借りるか、
安いアパートなどを借りて事務所にする。

もしくは家族やパートナーに責任者になってもらい
名前や住所を貸してもらい実務は自分がやる
という手段もあるかもしれません。

名前はもちろん本名でなければなりません。

メルマガなどやっている方は
名前で検索されてショップがバレないよう別名でやっている方多いですが
特定商取引法
特定電子メール法
などは本名を記載する必要があります。

僕の場合は同姓同名もいっぱいいるので
特に気にせず全部本名公開しています。

電話番号も僕はあまり気にしないのですが
ビジネスとプライベートで対応を分けるために
携帯電話とは別で050の番号を使っています。

スマホを持っている場合はこちらがおすすめです。

月額324円で050の番号を持つことができます。
また、通話料も安いので普段の通話にも使っています。
だから僕の携帯電話の通話料はいつも0円。

余談ですがこれは海外に電話をかける時も
国際電話ではなくネット回線を使うので
国内と同じ価格で通話ができます。だから安い!

電話番号も公開していて問題がおきたことはありません。
営業電話がたまーにかかってくるくらいですね。

いたずら電話とかこれまで一回もありません(笑)
クレームの電話がしつこくかかってくるとかもありません。

個人情報を公開するのは抵抗あるかと思いますし、
いろんな事情がある方がいらっしゃると思いますが、
ビジネスをする以上、法律を守るのは当然のことなので、
該当される場合はすぐに対応されることをおすすめします。

アカウント停止ということにもつながってくるかもしれませんので
くれぐれもご注意ください。

最初の10万円20万円、ビジネスの軍資金を稼ぐのにも最適↓↓

—————————-
書籍「Amazon輸入ビジネス入門」
読者限定プレゼントキャンペーン&無料立ち読みキャンペーン開催中
↓↓↓


Amazon輸入本が付箋だらけ

Posted on 11月 15th, by Kazuya Sato in お客様の声. No Comments

輸入ビジネスを始められたばかりの方から
拙著「Amazon輸入ビジネス入門」を読んでの感想をいただきました。






New Post ⇒

羽鳥慎一モーニングショー(2015年10月16日)

2015年10月16日放送の「羽鳥慎一モーニングショー」ショーアップのコーナーにネットオークションの専門家として情報提供させていただきました。

沖縄在住40代男性・物販初心者からの成果報告

Amazon輸入ビジネス入門著者の佐藤和也です!

今年に入ってネットビジネスを知り 先月までまったく0だった沖縄在住40代男性の方から 5月の報告がありましたので紹介します。

FBA納品先は固定すべきか?

Amazon輸入ビジネス入門著者の佐藤和也です!

今日6/1からFBA納品先について変更があります。